気になった土地を一覧にして比較してみる

2013年の年明けからスタートして、6月末までの半年間に気になったり、見学した土地は45件ほど。

ウチの3歳児がエクセルで、販売価格、土地㎡、坪数、坪単価、販売社名を一覧表にしている。

最初は単なる記録的な意味合いでしかなかったのだけれど、これが積み立てていくほど意外と役にたつことが判明。
データが蓄積されていくと、次に見つけた土地が、一見お得に見えても、違うことがわかったりする。

・セットバック+通路で実質使える建築面積で計算すると、実はあまり割安じゃない、などがわかる。
(さらに中古物件つきの土地なら、解体費用もかかるので。)
・だいたいの相場が見えてくる。
・予算にあわせて、坪単価の範囲を、最悪検討余地上限、中ぐらい、満足レベルの3段階に分類できる。

たくさん見れば見るほど迷うし、途中で「もしかしたら、このままウンチクだけ増えて、一生買えなくなるかも」という不安に襲われることもあるにはあるけど、無駄ではない。

マンションをいつまでに出なければならない、などの制限がなく、ゆっくり時間をかけれるなら、ぜひおすすめ。
というより、慌てて買うから、微妙な物件をつかまされたり、適当に妥協してしまうのだし。本気で自由に家を買いたいと思うなら、時間的余裕は持っておくのが正解。

おすすめ