中古物件中心に見学-山手か平地か-

中古物件もしっかり含めて探そうと決めてからリストアップしたのは45件。
その中で気になったところをピックアップして見学。
理想が高すぎるのでは?とも言われそうだけど、それぞれ自分たちには妥協できない理由があり見送ってきたところも多い。

自家用車がないと生活が制限される土地

最寄り駅から不動産屋さんの車にゆられて10分以上。現地に着くまでに結論が出た。
「これ毎日通勤できるんか?」「買い物どうする?」。
物件自体は、閑静な住宅街で隣との間隔もくっついてないし、南向きで日当たり良好、敷地も広い。環境は抜群。

駅から車で10分以上なんてごく普通。というか、ほとんどの家がそうだろう。
田舎の祖父の家なんて、駅から30分以上でバスも通っていない山の中。

車生活が前提なら、駅から遠くて、更にバス停が遠くても、問題ないのかも。

でも、残念ながら酒飲み夫婦なので自家用車は持たず、自転車とたまにカーシェアで過ごす予定。
電車で行動できて、通勤しやすい範囲が第一条件。
車がなくても、子どものころからその山に住んでいて思い入れがあるとか、親の土地とかいうのならともかく、あえて選んで買うまでには至らなかった。

そこそこ山手の競売物件

バブル感がかなり残った家。見学者が多く繁盛していた。
「なんでこの値段なんですか?」
「・・・競売物件なので・・・」
たしかに割安感はあるけど好みではない。
全面リフォームは必須。
その値段を含めて考えるともう少し平地がいいかも。スーパーもコンビニも坂の下の方までいかないと無いし。

急こう配の階段と擁壁

急な坂に面していて、擁壁の上に建っている家。
門扉から玄関まで、見上げる感じに急こう配の階段が10段ほど。
何年か後、擁壁の修繕費がとんでもなく高くつきそうなのと、酒飲み夫婦としては、絶対いつか転げ落ちそうな気がするので、気が進まなかった。

更地だが、擁壁工事費がかさみそうな土地

上物はなく更地で売り出されているので解体費は不要。
少しだけ坂の上だけど、場所はそんなに悪くない。駅からも徒歩10数分。
ただ、土地と道路に少し段差があり、基礎工事に擁壁工事費用が上乗せになりそうなのでやめ。

—-

やはり、山手に住むなら、運転手を雇えるぐらいの収入があれば、という結論。
最低限、自家用車がないと。電動チャリでもキビシイし、老後はもっと思いやられる。
基本的に運転しない電車移動の酒飲み夫婦には非現実的かも。

この時点で、「やはり平地で探す」方向性が固まる。
しかし平地は平地でいろいろあるもので・・・
—-

平地だが、日当たり確保の隣にマンションが建つ可能性もある

広さはある。幹線道路沿いで、便利な場所。
家のリビングやその他の部屋も南側に面している。
その南側は私有の駐車場。ここにいずれマンションがたったら、日当たりの保証はないだろう。

がっつり西日

街中の平地。吹き抜けで天井が高いリビングの西日がちょっと強すぎて、夏場は暑い気がした。
平日も休日も、夏の夕方はほとんど家にいない、という生活サイクルの人ならいいかもしれない。

旗竿地で袋地

物件は建って1年だという。建てたけど転勤になったため売却、という物件。
悪くはないけど、何か惹かれるポイントに欠けた。

旗竿地で袋地なので、仮にリフォームや解体となると重機搬入も費用がかさみそう。
それに袋地は再建の制限があったり、ローンの上限が低くなる可能性もある。

どうでもいいけど、見学後、旦那Hが「あの人(案内してくれた不動産屋さんの男性)、なんで、ブカブカの上着なんやろう?」
たしかに・・・何か違和感というか、怪しさを感じたのはそのためか・・・
服装で人は判断はできないけど、一応、営業マンさんは小綺麗な感じの方が印象はいいかも・・・

目の前がパチンコ屋さん

見学に行って一番怖かった物件。
主要駅から近くとても便利な場所で平地。文句なしの立地なので、ある意味不思議に思いながら案内されると、ご近所さんにパチンコ屋さん。物件のすぐ隣が、パチンコ屋さんの駐車場。物件を見学しようと、その駐車場内に足を踏み入れた瞬間、向かいのパチンコ屋さんのオーナーらしき人が「何してんねん!!」
いやいや、物件見に来ただけやし。
その物件が先にできたのか、パチンコ屋さんが先にできたのか、気にはなったが、尋ねるまでもなく却下。
そーいえば、間取り、どんなんやったっけ?・・・記憶にない。

不思議な間取りの家

2階に上がる階段を上ると畳2/3帖ほどの踊り場。その先にまた1階に降りる階段。
公園の滑り台の上に立っている感じ。
狭い踊り場で転んだら、両方の階段から落ちそうでちょっと危険。
2Fにキッチン+ダイニングがあってリビングと離れている。
生活の動線がイマイチ非効率。意図的に体を動かすためにアスレチック的な間取りなのか?

あまりにたくさん見すぎて、あれもダメ、これもダメ、が続くと、正直、自分たちの望む土地は出てこないんじゃないかなとも思えてくる。
でも、物件はたくさん見るに限る。いろいろ勉強になるし。
もう少し頑張ってみよう。

おすすめ